東京慈恵会医科大学 形成外科学講座
TOPページ
形成外科について
教室の歴史
医学生・医師の募集
subspecialty
診療のご案内
教室の歴史
東京慈恵会医科大学形成外科学講座



 東京慈恵会医科大学の形成外科は、1968年(昭和43年)に誕生しました。丸毛英二教授をはじめとして、当時整形外科に所属していた9名の医師と、耳鼻咽喉科からの1名、合計10名が参集して、形成外科が作られました。これは東京大学(1960年)、慶應義塾大学(1963年)についで、形成外科としては日本で三番目です。1975年に形成外科は講座となり、2018年には創立50周年を迎えます。形成外科同窓会には現在150名が所属しています。

この間に、教室は3回の日本形成外科学会総会・学術集会を含めて、計11回の大きな学会を主催してきました。


歴代主任教授

1. 初代 丸毛英二教授(1968~1988)
 慈恵医大形成外科の創始者であり、1976年に第19回日本形成外科学会を開催しました。1979年から1983年まで日本形成外科学会理事長を務め、また1979年から1986年まで、東京慈恵会医科大学附属病院院長として、大学の運営に携わりました。

2. 第2代 児島忠雄教授(1988~1997)
 1988年丸毛英二教授は定年退職され名誉教授となり、児島忠雄助教授が第2代教授に就任しました。児島教授は手外科をライフワークとして、多くの基礎的、臨床的研究を行うとともに、形成外科の広い分野で、後進の指導を行いました。1994年に第37回日本形成外科学会、1995年に第38回日本手外科学会を主催しました。

3. 第3代 栗原邦弘教授(1997~2008)
 1997年児島忠雄教授は定年退職され客員教授となり、栗原邦弘助教授が第3代教授に就任しました。栗原教授は口唇口蓋裂のチーム医療を推進し、2006年に第30回日本口蓋裂学会、2007年に第50回日本形成外科学会を開催しました。

4. 第4代 内田 満教授(2008~2015)
 2008年栗原邦弘教授は定年退職され、内田満教授が第4代教授に就任しました。内田教授は唇顎口蓋裂、手足先天異常、デュピュイトラン拘縮など多くの基礎的、臨床的な研究を行うとともに、全身に広がる色素性母斑症の治療法を確立し、国内外の多くの患者さんの治療を手掛けて来られました。

2015年4月、宮脇剛司が第5代教授に就任しました。

Copyright 2010 Department of Plastic and Reconstructive Surgery. The Jikei University School of Medicine. All rights reserved.