東京慈恵会医科大学 形成外科学講座
TOPページ
形成外科について
教室の歴史
医学生・医師の募集
subspecialty
診療のご案内
形成外科について
主任教授 宮脇剛司

 第一次世界大戦で多くの兵士が負傷し、その重篤な顔面外傷の治療が、あるグループの外科医によりヨーロッパで数多く行われました。その過程で修復と再建の治療技術は飛躍的に進歩し、形成外科という専門性が独立しました。その後外傷の治療以外の分野においても、形成外科でなければ行えない手技が次々と開発され、形成外科の扱う疾患が増加していきました。

形成外科は新しく誕生した科であるため、正しい全体像をイメージすることは、形成外科医でない人にとっては容易ではありません。形成外科とはひと言で表現すれば、組織の移動です。さまざまな方法で組織を移動することにより、機能と形態の修復・改善・再建を行うことにより、患者さんのQOLを向上することを目標としています。扱う組織は皮膚・血管・神経・筋・骨・軟骨・粘膜など全てであり、頭頂から足尖まで、臓器を除くあらゆる部位を対象としています。かつてはそれぞれの科の医師が行っていた手技が、形成外科医が行った方が、より安全に、効率的に行えるという理由で、形成外科医に任されるようになり、誕生した科です。したがって他科からの依頼が多く、またそれに応えることは形成外科の使命です。病院では、なくてはならない科の一つであり、今後QOLがますます重視されていくことを考慮すると、形成外科の果たす役割は年々大きくなっていくと考えられます。

形成外科が扱う疾患は、外傷、先天異常、腫瘍(腫瘍切除後の再建を含む)、美容医療の4つに大別できます。それぞれが非常に重要な疾患ですが、形成外科が現在最も盛んなアメリカ合衆国では、美容医療の重要性が年々高まっています。当講座の大きな特徴は、頭蓋・顔面・四肢の外傷、あらゆる外表先天異常、乳房再建、頭頚部再建、会陰・四肢・体幹の再建など、形成外科の全ての分野におけるエキスパートを擁し、彼らの指導のもとに積極的に診療・教育・研究を行っていることです。美容外科に関しては、関連病院においてトレーニング・プログラムの構築が進んでいます。

 


  教授 松浦 愼太郎  
       
  准教授 平川  正彦 富士市立中央病院
    二ノ宮 邦稔 附属第三病院
    寺尾  保信 がん・感染症センター都立駒込病院
    野嶋  公博 千葉西総合病院
    石田  勝大  
       
  講師 林   淳也 町田市民病院
    冨田  祥一 JCHO東京新宿メディカルセンター
       
  講師(非常勤) 関口  順輔  
    小森  成  
    松井  瑞子  
    森   克哉  
       
  助教 30名  

Copyright 2010 Department of Plastic and Reconstructive Surgery. The Jikei University School of Medicine. All rights reserved.